埼玉県はショッピングモールがたくさん

埼玉県はショッピングモールがたくさん

私の住む県は埼玉県。埼玉県の大きな特徴は? と聞かれたら、長らく「うーん」と答えに困ってしまう日々を過ごしていたのですが、今はあることをすぱんと言えるようになりました。それは“ショッピングモールが異常に多いこと”です。

これが良いことなのか悪いことなのかわかりません。他の県にもショッピングモールはたくさんあると思いますが、埼玉県の多さは日本で1、2を争うんじゃないでしょうか(間違ってたらごめんなさい)。

イオンモールだけを数えても、羽生、浦和美園、川口、戸田、与野、そして圧倒的な大きさを誇るイオンレイクタウン。また、モラージュ菖蒲にららぽーと新三郷、スタラタウンなど、まだまだあります。埼玉県の南半分はモールだらけです。

しかも、これだけあるにも関わらず、まだ建て足りないのか、久喜市、春日部市、上尾市、桶川市等で新規モールをオープン予定だそうです。ちなみに私の住む近くでも昨年から大掛かりな工事が行なわれており、調べてみたらそこもモールになるとのことでした。

どうして埼玉県、特に南部ではこんなにモールが多く建てられるのか? そんな疑問を持ったのですが、何となく答えはすぐでました。それなりに土地が余っており、部分的に栄えてもいます。それなりに道も広くて交通流れは良いので、少し離れた場所に住む人が往来するのに不便はありません。平たく言えば程よく都会で程よく田舎ということです。

また、埼玉県南部はやたらと平地が続いているのが大きな施設を建てるのに適しているのでしょう。まったく埼玉県の平野具合ときたら、がんばれば地平線が見えるのでは無いかと思えるくらい平らな場所もありますからね(笑)

ショッピングモールが多くなることは良いことだと思います。新しい大きな建物が建つと、自然とその周辺には人の往来が増えるため次々と綺麗なお店が立ち並びます。そんな街並みが私は好きです。

ただし、そうなってくるとこれまで活躍していたスーパーやデパートの存在意義です。早くも小さなお店はちらほら潰れはじめ、デパートの客足も遠のいている気がします。事実私もモールがたくさんできて以来スーパーやデパートには行かなくなりましたから。

そういったお店で働く人にはショッピングモールというものはどう写っているんでしょうかね。気になります。

横浜の婚活パーティー

スマートフォンを使う娘のお友だち

この間上の娘のお友だち、小学6年生の女の子が家に遊びに来たのですが、その際、お友だちの1人があるものを使用していて驚いてしまいました。あるものとはスマートフォンです。

いや本当に驚きました。うちのお姉ちゃん(上の娘)にも携帯電話は去年から持たせるようにしましたが、同い年の子が大人のようにスマートフォンを操作しているのですから。

お友だちが帰ってから、私はお姉ちゃんに聞いてみました。

「お友だち、スマートフォン使ってたね」

「うん。使ってるね」

お姉ちゃんは素っ気無く答えました。

「どう思う?」

「どう思うって何が?」

「いや、だから、欲しいとか思っちゃったりする?」

「別にいらないよ」

ちょっぴり安心しました。まださすがにスマートフォンというのには早すぎると思っていましたから。てっきり、友達の影響で欲しいと思っているのではと私は思っていたのですが、娘は私が思っている以上に自分をしっかり持っているようでした。

そもそも、数年前まで私は携帯電話を持たせること自体、小学生では早すぎると私は思っていました。ですが、小学5年生になった時、娘が英会話教室に通うようになったのを切欠に妻と相談して持たせることを決めました。

私の周りでは、小学生5、6年生になったら携帯電話を持たせるのが丁度良いとの声が多いです。中学生に入学してからだと、持っている友達とのちょっとした交流の温度差が生まれてしまうという考えがあるからです。ですが、大人が使うようなスマートフォンを持たせるというのは、いささか……

個々親の考え方は違うのでなんともいえませんが、私の子はせめて高校生になるくらいまでは、携帯電話は、電話とメールくらいの使用に控えてもらいたいと思っています。インターネットは色々不安要素が大きいですから。

子どもの時代は、実に視野が広くて色々なことを吸収することができる大切な時代です。どうか携帯電話のような機器にばかり集中していないで、自分の目で耳で直接誰かと触れあい、楽しんでもらいたいと私は願っています。

ちょっと古い考え方かもしれませんが“古きを温ねて新しきを知る”ということわざもあることですから、必ずしも新しいものばかりに目を向けていれば、必ずしも良いわけでは無いと思います。