年中悩まされる花粉症

年中悩まされる花粉症

今日は鼻水が出て大変な一日でした。会社では、「鼻風邪引いちゃったの?」と聞かれましたが、「花粉症です」と答えました。花粉症の流行る時期では無いので「うそ~」と思われてしまいましたが、なる人は一年中花粉症になってしまうものなんですよね。

花粉症になった原因は前日の草刈です。近所の人と協力して、用水路の周りの雑草を刈ったのですが、その際に花粉をもらってしまったんです。花や木以外にも、その辺にある雑草からでも、容赦なく花粉は襲ってくるのです。

原因となったのは多分、私がイネ草と呼んでいる雑草の花粉です。今回調べてみて分かったのですが、正式名称は「カモガヤ」というイネ科の多年草だそうです。稲穂に似ていたので子どものころからイネ草と呼んでいましたが、当たらずと雖も遠からずだったようですね。

このカモガヤは世界で最も普及している牧草らしく、日本でも大量にあちこちに生えているそうです。確かに私の住む地域のどこにでも生えていますね。ということは、何時どこでもこのカモガヤの花粉からは逃れられないということです…… 恐ろしいです。

ですが、カモガヤの花粉時期は秋口までのようなので、年中この草からの花粉に悩まされるということは無さそうです。ただし、秋になればまた別の植物から花粉を頂いてしまうことになるんですけどね。本当にとほほです。

早いところ花粉症になりやすい体質を改善するような特効薬でも開発してもらいたいものです。抗アレルギー薬などはあるんですが、副作用などを考えるとあまり使いたくありませんから。

私が花粉症を患った時は、ひたすらに我慢です。花にティッシュを詰めてマスクをします。それで症状が治まるまでひたすら我慢です。原始的で恥ずかしい行為ですがこれが一番です。これならくしゃむが防げて鼻水をすすることもないので、鼻が痛くなることもありません。恥ずかしいですけど(笑)

しかしこの花粉症、大人になってから突然なるようになってしまったんですよね。小学生や中学生の頃なんかは、平気で草っ原で遊んでいたのに花粉症なんて一切なったという記憶はありません。やはり加齢と共に体質が変わり、アレルギー反応を引き起こしやすくなってしまったのでしょうか。

マイナビ看護師

使わなくなった盆栽エアロバイク

自室にエアロバイクを導入したのが3ヶ月前。「これで外に行かなくても有酸素運動ができるぞ!」と、意気込んでいたのですが、もうすでに盆栽となっております。いえ、手入れもしていないので盆栽以下でしょう(笑)

購入して1ヶ月くらいは毎日使っていました。購入したエアロバイクが連続使用1時間迄なので、毎日30分~1時間くらいを目処に使用していました。というか、それ以上はお尻が痛くなるので無理でした。

それで続けた効果は確かにあらわれ、体重も体脂肪も落ち始めて満足していました。ですが、飽きやすい性分ゆえかペダルを漕ぐのも面倒になってしまって、毎日続けていたものを1日おきへと変えてしまいました。それがいけませんでした、どんどん面倒になって使う日は減り、今では埃を被っているというわけです。

最初は大活躍すると思っていたエアロバイクなんですけどね、やっぱり、外で運動するにしても室内で運動するにしても、面倒くさがる人では続かないようです。

幸いなのは、2万円台の比較的安いエアロバイクを購入したことです。選ぶ際、10万円近い本格的なシステムエアロバイクと迷ったのですが置くスペースが大きくなってしまうことも考慮して安い方に落ち着きました。逆を買っていたら、3ヶ月程度で飽きたなんていったら勿体なさすぎでした。2万円でも十分勿体ないんですけどね。

使わなくなったとなると、エアロバイクが邪魔に思えて仕方ありません。綺麗に整頓されている私の自室ではありますが、根本のスペースが狭いので邪魔は邪魔です。

粗大ゴミとして処分しようか? と考えましたが、まだ綺麗で全然使っていないので勿体ないです。では買取? と思うも、元の金額が安いので買取価格もそうつかないでしょう。買取店まで運んだりといった手間を考えると面倒ですし、買取金額は割に合わないと思います。知人に譲ろうかとも考え、一通り声をかけてみましたが、欲しがる人はいませんでした。

しかし、どう処分するにしろ、家族には、「ほら、やっぱり続かなかったね」なんて言われてしまうんでしょうね。購入時も「本当に買うの? 本当に続くの?」と念を押してきていましたからね。

そう言われるのかと思うと悔しい気持ちになってきました。もうしばらく処分するのは保留することにしましょう。もしかしたらまた使いたくなるかもしれませんからね。